製品情報

FD-35V高速センタープレスシール自動製袋機

私たちの身近にある茶葉やコーヒー豆、小麦粉など、
食品類の包装袋の製袋に活躍するセンタープレス製袋機の定番。

FD-35V

FD-35V 詳細

概 要 お茶の葉やコーヒー豆、砂糖、塩など湿気を嫌う食品の包装に使われることが多いセンタープレスタイプの袋が造れる製袋機。袋の周囲をシールするのではなく、フィルムを筒状に加工し、袋の中心部分で左右からのフィルムを折り込んでシールをするという製袋機です。側面にはフィルムを折り込むガセット加工ができますので、比較的容量が大きい袋も製袋が可能です。
製袋速度 3サーボモーター制御システムにより<最高240ショット/分>の高速性と美しく、高い強度のシール加工の両立を実現。もちろん食品用・日用品用の袋などに使われるほとんどのラミネートフィルムに対応しています。
メリット センタープレスヒーターの温度を2か所で個別に管理。また独自の「サーボモータ制御システム」が可能にした、スピードと品質を両立させる「シール時間設定機能」を標準装備。他社とはシール強度と仕上がりの美しさが違います。

整袋可能な袋の例

平袋

FD-35V

  • W(袋幅):35~350mm
  • L(袋長):最大500mm
  • S1(底シール幅):5~50mm
  • S2(センターシール幅):8~15mm

ガセット袋

FD-35V

  • W(袋幅):55~350mm
  • L(袋長):最大500mm
  • G(ガセット折込幅):10~80mm
  • S1(底シール幅):5~50mm
  • S2(センターシール幅):8~15mm
  • S3(ガセットシール幅):5~7mm

840mm長のセンタープレスヒーターを採用。長いセンタープレス袋の高速・高品質製袋を実現しています。湿気を嫌うコーヒー豆や砂糖、小麦粉など食品類の包装に最適の袋が造れます。

袋の用途(市場ニーズ)からお奨めの製袋機の情報を探すこともできます。詳細は「袋の用途から探す」をご覧ください。

サイドガセット袋で240ショット/分。高速製袋を動画で実感!

ジッパー付きスタンドパックで240ショット/分!

[FD-35VLSC]なら、ヨコ取りスタンドパック仕様の製袋時でも240ショット/分!

セット替え時間が短く、原反交換も楽。小ロットでもフイルムロスが少ない、省資源型製袋機です。

  • *上記の数値は機械自身の能力を示すもので、ある特定の条件下で弊社にて確認したものです。
    実際の製袋速度はフィルムやその他の要因によって変動します。詳しくはお気軽に下記弊社営業までお問い合わせください。

トタニ製袋機についてのお問い合わせ、ご相談

貴社の製袋用途に対応した機種、対応寸法、個別仕様変更のご相談などはこちらから。

  • (075) 933-7610
  • (075) 933-7602
このページのトップへ